テープ起こしの録音方法

塩田です。

みなさん、テープ起こしを依頼される際、どのように録音されてますでしょうか?

普段、会議や公演の音声データを文字起こししてもらいたいと思ったらきっとほとんどの方がスマホやテープレコーダーのような音声録音機器を使用されると思います。

しかし、音声から文字起こしをする際、テープレコーダーのマイクから直接録音をしてしまうと、周りの雑音を多く拾ってしまい、肝心の話し手の方の言葉が明瞭に聞こえなくなってしまいます。

そうなると、正確な文字起こしが困難になるので納期に間に合わないといった事も起こってしまうことになります。

そうならない為の方法としてまず一つお勧めしたいのは、テープレコーダーやスマホに接続できるマイクの使用をお勧めします。

マイクを使うことで周りの音を極力減らし、話し手の方の音をしっかり拾いやすくなります。

ただ、マイクをつけただけではあまり意味がないので、できるだけ話してる相手にできるだけ近づけて下さい。そうする事で、周りの雑音よりも話してる相手の声の方が大きく録音されるので言葉を拾いやすくなります。

会議等の音声を録音されるなら、三脚等でマイクを話す相手の方に向けてセッティングし、音声はレコーダーやパソコンに直接録音されるようにすればより明瞭に録音する事が可能です。

レコーダーは少しの物音でもしっかりと録音してしまいます。それがたとえ風の吹き抜ける音であろうと、誰かが歩く時の音であろうと、ペンのカリカリ音でさえも小さくても録音してしまいます。

できるだけ録音中は音を立てず、静かな環境で録音されると、受ける側としては助かります。

テープ起こしのデータの受け渡しについて

ブログにお越しいただいてありがとうございます。私、塩田は、テープ起こしを承る会社に勤めており、多くのテープ起こしを発注される会社様やテープ起こしライターの方とやり取りをさせていただいております。

このブログでは、そんな私の経歴を活かして、テープ起こしに関する情報発信をしていけたらなと思っています。

まずは、テープ起こしをご依頼いただく際の音声データの送付方法についてご紹介していきます。

テープ起こしをするためには、当然ながら文字起こしをするデータをいただく必要があります。おすすめの方法としては、音声データをMP3などの形式で、オンラインストレージサービス等を使用してお送りいただくことです。データになっていれば依頼前にバックアップを取っておくこともできますし、オンラインでやり取りができるので手間もさほどありません。(データサイズが大きくなりがちなので、メールでの送受信は向いておりません。)

逆に、ICレコーダーなどを直接お送りいただくのは、紛失や破損の恐れがあるので推奨されません。テープ起こし会社によっては、レコーダーを直接送付いただくのはお断りをしているところもあります。

どうしてもオンラインストレージのご利用が難しい場合は、USBやCD-Rといった記録媒体に録音された音声データをコピーしていただき、そのコピーを郵送などの方法でご送付いただく方法もおすすめです。

要はトラブルを避けるために、オリジナルデータのやり取りは極力避けた方が良いということですね。

データの授受の方法については各社異なっている部分があるかと思いますので、実際にご利用になる際には、利用可能なデータ送付方法をその会社に確認することが必要になります。